認知作業トレーニング(COGOT)

子どもたちの中には、身体的不器用さを併せもつ子どもがいます。不器用さのため運動やスポーツが苦手であったり、身体や手先がうまく使えないだけでなく、自尊感情の低下や周囲からのイジメの原因となることも報告されています。また将来、身体を使った仕事や作業に携わる場合には、不器用さが様々な障壁となることも懸念されます。

身体をうまく使うためには、協調運動を円滑に行えることに加え適度な固有感覚・筋力調整や注意・集中力、動作の予測や記憶力なども必要です。
認知作業トレーニング(Cognitive Occupational Training : COGOT)は、それらの機能に対応させて開発されています。


認知作業トレーニング(COGOT)についての詳細は、コグトレ研究会ホームぺージをご覧ください。

認知作業トレーニングの構成